*

運動が苦手な人でもダイエットはできる!その方法とは

公開日: : 運動

運動が苦手な人でもダイエットはできる!その方法とは

体重を減らすと体型が崩れる。体型を維持をすることを目的でダイエットをしています。
そのダイエット方法は運動が苦手な人でも簡単にできます。

このやり方は即効性はないため持続型ダイエットであることを先に記しておきますね。

体型を維持しつつダイエットその方法とは

まずは運動することにストレスを溜めないこと。ストレスはデブのもと!体重が増える原因です。
運動することにストレスにならないようにすることを第一に考えて運動を実践するようにしましょう。

「運動を楽しく」これは必須ですよ。

必ず体重計で毎日測って自分の体重をしっかり把握することも忘れないようにしましょう。

体重を把握することでダイエットの目標の基準になることと、自分の現状を受け入れる勇気を持ってから、ダイエットを励むと挫折はしません。

運動を実践する前に上記の心構えを持って強い意志と遊び心を持つこと。それが長期型ダイエットの基礎となるのです。

基礎を作りあげたら次は運動です。この運動はデトックス効果を十分に発揮して、脂肪を外に排出せることを目的なので、運動が苦手な人でも大丈夫です!

かく言う私は運動オンチですから。

肩甲骨を動かすストレッチで脂肪を燃やす

肩甲骨を動かすことは普段の生活ではなかなかないと思います。
アスリートが行っているストレッチは肩甲骨を動かしていることが多く、肩甲骨が柔らかいと
血流が良くなり、基礎代謝が上がり脂肪の燃焼が強くなり筋肉の活動も増えているということ。少しの運動でも痩せやすい体質へと変わっていけるのです。

というわけで自宅でもできる肩甲骨のストレッチをご紹介します。

肩甲骨を動かして脂肪が燃えやすい体にしよう

動画サイトで見つけた5分でできる「肩甲骨はがし」のストレッチをご紹介します。
朝晩の1回ずつ実践してみましょう。

やり方

・正面をむいたまま、頭を右にに倒す30秒キープ
・左も同様に行う
・次に両腕を横に広げてそのまま肩の高さまで上げる
・肘を90度に曲げて肩甲骨を下に動かす
・肩甲骨を下に下がったら5秒間キープ

ここまでの動きを10回繰り返す

肩甲骨を動かすと痛みが生じてくるので最初は3回くらいを目安に行ってください。
体が慣れたら10回と回数を増やしていくといいでしょう。

ダイエット効果と姿勢補正、肩こり予防につながるため、姿勢が気になる人でもこのストレッチはオススメです。

動画のリンクを貼っておきますので、1回試してみてください。

※https://youtu.be/jsFVnf3iF3w

最後に:肩甲骨を動かすだけで掃除や家事もダイエットになる

肩甲骨はがしを3ヶ月朝晩1回を実践したところ、驚いたことに体重が0.5キロ〜2キロマイナスになりました。

自宅から会社までの間にエスカレーターをなるべく使わず階段に使ったり、少し早歩きを意識したりとできる範囲でダイエットできるか考えるようになり意識までも変わったことが何よりの成果です。

肩甲骨はがしは、テレビを見ながら行われる運動なので、ぜひ挑戦してみてください。

とにかく基礎代謝を上げること!ダイエットの基盤を固めることから始めましょう。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑